おじいちゃん指

“ひと”を育てて、“じぶん”も育つ。育児・子育て情報リンク集「コウノトリカゴ」

2010 FIFA ワールドカップにて、日本代表は、
決勝トーナメント一回戦、大会初のPK戦の末、
惜しくもベスト16入りを逃してしまいました。

深夜にもかかわらず、視聴率は50%を超え、国民の
半数がテレビにかじりついていたことになります。

しかし、今回は日本人の勤勉さ、団結力の強さを
見事に証明してくれ、敗れるも賞賛の嵐です。

帰国後の記者会見でもチームワークの良さが表れ、
ネガティブな雰囲気がまるでありませんでしたね。

元気と勇気をありがとうございました(礼


で、その会見を見ていた息子さんが、一言。

「にっぽん、おかえり~!がんばって、かえってきたね」

と、試合は全く見れなかったのに、何かを
感じ取ったのか、そうつぶやきました。

さて、そんな息子も最近は暑い日が続き、
昼間は保育園でハシャギ疲れているのか、
家ではだら~っとしてることが多いです。

早くも夏バテなのか、晩ごはんの時も
食が進まないことが多々あります。

親がバテてるからという噂も(笑


でも、やはり子どもなのか、おもちゃに目が行くと、
テンションが上がり、汗をかいて遊んでいます。

この時期、汗は落とさないと汗疹ができるので、
きちんと洗い流さなければいけませんが…

息子にしてみれば、お風呂も遊び場 です。 w

少し前までは、アンパンマンのキャラのフェルトを
壁に貼ったり、じょうろで水遊びする程度でしたが、
最近は桶に水をためて洗濯のまねをしています。

また、だんだんと水への恐怖心も薄れてきたのか、
シャワーを振り回し、たまに自分の顔にかかっても、
今では平気な顔をして「へへへ」と笑っています。


湯船でも、もう膝やお尻がつく位まで大きくなったので、
たまにゆっくり浸かって、くつろいでいる時もあります。

かずを数えることもできるようになってきたので、
ご機嫌な時は、「い~ち、に~、さ~ん」と順番に
「じゅ~う」まで、何とか一人で言えています。

ただ、暑い日や早く上がって遊びたい時なんかは、
「い~ち、さ~ん、ご~、は~ち、じゅ~う」と途中で
ワープし、「もう、あがる~!」と言い出します。

なお、最短記録は「い~ち、ご~、じゅ~う」でした!


そして、上がり際、両手をまじまじと見て、

「おじいちゃんのゆびみたいだね~」

さらに、「ぱぱもしわしわだね~」と、
言い残し、喜んで出て行きます。

そんなじっくりと見たことないはずなのに、
なぜだか感じ取ることができてしまう。

子どもって、つくづく不思議だと思います。


ちなみに、私の小さい頃は、どちらかというと
おじいちゃん子でした。実家から近かったので、
夏休みなどは良く泊まりに行っていました。

行くと必ず、今では少なくなった銭湯に立寄り、
コーヒー牛乳を飲んで帰ってくるのが定番。

早々と思い出した昔の夏の思い出…

ジャンル
育児
 テーマ
パパの育児
 タグ
おじいちゃん
ワールドカップ
日本代表

予選突破したど!

“ひと”を育てて、“じぶん”も育つ。育児・子育て情報リンク集「コウノトリカゴ」

W杯日本代表が、見事に予選を突破してくれました!
深夜の中継ということもあり、前回のオランダ戦と同様、
時間の調整をして、なんとか見ることができました。

先週土曜、オランダ戦 の日はゴールデンタイムだったため、
どうしようかと悩みましたが、幸い息子は昼寝をしなかったので、
案外スーっと寝てくれ、キックオフの10分前から見れました。

昨日は全くその逆で、その時間くらいから寝る準備を始めて、
深夜3時20分にタイマーをかけ、そのまま一緒にベッドへ。

いつもならば起きれない私も、今回ばかりはタイマーが鳴る
5分前にはパッと目が覚め、そのまま観戦モードに突入!

数分後、妻も起き、予選3戦とも夫婦で観戦することに。


さて、試合はご存知の通り、3-1で デンマーク に勝利。
日韓共催大会以来2大会ぶりに、決勝トーナメントへ進出!

しかし、監督が公言する目標、ベスト4からすると、
ようやく折り返し地点といったところでしょうか。

見事なフリーキック2本、PKからの失点は惜しかったですが、
その後、切り崩しからの追加点、この辺りの立て直しをみると、
いかにチームが一丸でまとまっているかがよくわかります。

せっかく夜中に起きても余りある内容だっただけに、
起きた甲斐があり、なんだか嬉しくなりましたね!

これが0-0での進出ならどうだったか(爆


ただ、一つ気になってしまったのが、試合後に選手達が
まるで国際大会に優勝したかのように騒いでいた点。

確かに、大変なプレッシャーを背負っての試合だったでしょうが、
ドーハ予選での日韓戦後の代表を思い出してしまいました…。

とは言え、次の試合に勝利すると、決勝トーナメント
初勝利でベスト8進出!期待はしちゃいますね~。

でも、楽しみながら見ることにしよう!(誓


話は変わり、サッカーひとつ見るにも、仕事と育児、家庭と職場の
両立に四苦八苦するパパさんはたくさんいることだと思います。

今日も、寝てから見るか、寝ずに見てそのまま行くかなど、
いろいろと試行錯誤をされた方々も多かったはずです。

そんな頑張っているお父さんは、日頃の努力の成果を
ここで発揮して、まわりに見せつけちゃいましょう♪

子育てパパ力(ぢから)検定(パパ検)
子育てパパ力検定

オンラインで検定の受験をすることができ、全30問の4択、
時間は60分、点数により4段階の認定が受けられます。

今月末までは“無料”で受けられますので、
一度お試しされてはいかがでしょうか?

ちなみに、私はどうだったかというと…

恥ずかしいので、秘密ということで~

ついでに、同じサイトにサッカー検定もありましたが、
こちらは、すでに受付が終了していました…。 w

来週も、ワールドカップ一色で楽しいな。

ジャンル
育児
 テーマ
パパの育児
 タグ
W杯
日本代表
予選突破

保護者会

“ひと”を育てて、“じぶん”も育つ。育児・子育て情報リンク集「コウノトリカゴ」

2010 FIFA ワールドカップ 南アフリカ大会、日本代表の初戦、
カメルーンを1対0で見事に撃破、勝ち点3を獲得できました!

息子は当然、そんな遅い時間まで起きていられなかったので、
ひとり夢の中でスヤスヤ。私はお酒を片手にオツマミつまんで、
妻と二人でギャアギャア言いながら、テレビに釘付けでした。

もしかしたら、一勝もできないのではと期待値が低かっただけに、
起きていた甲斐がありました。昨日の試合もそうですが、ここ最近、
日本代表は前半の前半は組織が機能し、見ていても安心です。

いつもなら、ここから“点取れない病”を発症してしまう所ですが、
今回は点も取れ、そのままのペースを続けることができました。

でも、後半残り20分から15分辺りで乱れ始め、
終了間際以降ロスタイムはヒヤヒヤでした…。

最後の4分は息が詰まるほど長かった(苦

次戦は時間的にゴールデンタイムの中継ですが、小さい子がいる
家庭の場合、ちょうど寝かしつけの時間になっちゃうんだよな~

土曜日だし、どうするか作戦を立てないといけないな(悩


さて、それはさておき、息子が通っている保育園では、
週末、保護者会 が開かれ、本年度の年中行事の
スケジュールや注意事項などの説明がありました。

だいたい昨年度と同じ内容でしたが…(爆

その後、うちの保育園では、園での日常風景を撮影していて、
それをコンパクトに編集したDVD上映会が行われました。

こっちは去年とはかなり内容が違いましたね~(嬉

去年はまだ入りたてということもあり、何か落ち着かない様子、
集団行動に慣れてなく、他の子と違う事ばかりしていました。

それが、今年のビデオでは、みんなとお遊戯や歌も唄え、
また、担任の先生の話だと、意外にもしっかり者だそうで、
時には、ふざけているお友達を注意しているようです!

何だかお兄ちゃんになったようで、自分より小さい子や、
特にお気に入りの女の子には、とても優しいそうです。

たいしたもんだね~、誰に似たのかしらね~(笑


前は、「ほいくえん、いかな~い」とよく言っていたのが、
今では、「まだ、きょう、ほいくえん、いかないの~」と言い、
「おさんぽ、いけるとおもうよ~」と楽しそうに話します。

息子が大好きなお散歩、ビデオにも映っていましたが、
去年だったら、歩いてもすぐ疲れて座り込んでいた人が、
一所懸命、公園の雑木林を歩く姿がそこにありました。

でも、いつも妻には抱っこをせがんでいますが(涙


しかし、このDVDを見るだけでも、この一年の成長には
目を見張るものがあったと、実感し再確認しました。

しばらく会っていないおじいちゃん、おばあちゃんが
見たら、おそらく、きっと、もっと驚くんだろうな~

夏休み、暑いから秋頃には会いに行けるかな~♪

ジャンル
育児
 テーマ
パパの育児
 タグ
ワールドカップ
日本代表
保護者会
イクメン☆日記。
« 10月 | 2017年 11月 | 12月 »
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新日記
カテゴリ
コメント
おすすめブログ
イクメンブログ
プロフィール

子育てパパ(パっパらパ~ん)

プロレスと生ビールをこよなく愛する40代、神戸出身・東京在住
詳細プロフィールは、twitterで。Twitter

ランキング
579位 [ 育児 ]
イクメングッズ

赤ちゃんはなぜ父親に似るのか
赤ちゃんはなぜ父親に似るのか

 

育てる男が、家族を変える。社会が動く。イクメンプロジェクト
厚生労働省「イクメンの星」紹介

お問い合わせ

相互リンクのお申し出や、原稿・執筆依頼なども承っております。お気軽にお問い合わせください。


お名前
メールアドレス
件名
本文