スポンサーサイト

“ひと”を育てて、“じぶん”も育つ。育児・子育て情報リンク集「コウノトリカゴ」

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


じんぶでやる

“ひと”を育てて、“じぶん”も育つ。育児・子育て情報リンク集「コウノトリカゴ」

この週末から、再び息子さんは熱を出しました。

ずっと高熱が続くというわけではなくて、
平熱との間を行ったり来たりして、元気と
ぐったりを繰り返すといった感じでした。

また、妻が少し外出で家を空けることになり、
2人で何時間かお留守番をしていました。

元気な時間帯は一緒におもちゃで遊んだり、
食欲もありいつも以上に良く食べました。


しかし、もう3歳近くになると、言葉も上手くなり、
自己主張をハッキリとするようになりました。

機嫌の良い時は、何でも自分でしたがり、

「じんぶでやるの~!」 と。

“自分”は上手く言えませんが(笑


たまに行くデパートにあるおもちゃ売り場でも、
ちょっと前までならば、他の子が近づいてきたら
そそくさと諦め、おもちゃを手渡していました。

それが近頃は、自分のテリトリーとおもちゃを
しっかり確保した上、自分より大きい子が来ても
おもちゃを奪い取ったりすることもあります。

保育園に通い始め、自分よりも年上・年下の
子達がいる中で、それとなく学んでいるのかと、
改めて、行かせて良かったと思っています。

実際けっこう揉まれているそうです(爆


でも、やっぱり、まだまだ幼い部分も多く、
お昼寝の後、妻がいないことに気づくと、

「まま、いな~い」 と泣き出し、

ずっと抱っこをせがまれてしまいました。

私自身も初めての子なので、戸惑いながら、
妻といろいろ相談しながら、奮闘中です。 w

ほとんど妻のアドバイスですが(呆


さて、このブログも初めは、“イクメン”という言葉が
これからハヤりそうという軽いノリでつけました。

しかし、他の人のブログなどを読んでいると、
私以上に真面目に育児を頑張られている方が
ほとんどなので、逆に恐縮してしまいます。

まだ新語にも流行語にもなっていない「イクメン」

厚労省的には、“育メン”なのかな~(苦

むしろ、じわじわと根づき、認知され、
真の意味で父親が育児を楽しくできる
世の中になれば、一番イイですね!

最近、小さい子が亡くなる暗い話題も多いし…


子どもにとっては、かけがえのない親だから。

親は自分でやるしかないわけですから。

そうして、共に育っていくんだよ。


ジャンル
育児
 テーマ
パパの育児
 タグ
おもちゃ
高熱
平熱

コメントの投稿

Private :

No title

こんにちはATR001です。
保険の代理店としての豆知識です。
0~5歳までの入院・死亡率。実は
60~70歳とほぼ同じなんです。

ATR001さんへ

コメントありがとうございます!

プロの方にアドバイス頂けると参考になります。
私も小さい頃よくケガや病気をしたらしいです。

これからもよろしくお願いしますネ♪
イクメン☆日記。
« 03月 | 2017年 04月 | 05月 »
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新日記
カテゴリ
コメント
おすすめブログ
イクメンブログ
プロフィール

子育てパパ(パっパらパ~ん)

プロレスと生ビールをこよなく愛する40代、神戸出身・東京在住
詳細プロフィールは、twitterで。Twitter

ランキング
593位 [ 育児 ]
イクメングッズ

赤ちゃんはなぜ父親に似るのか
赤ちゃんはなぜ父親に似るのか

 

育てる男が、家族を変える。社会が動く。イクメンプロジェクト
厚生労働省「イクメンの星」紹介

お問い合わせ

相互リンクのお申し出や、原稿・執筆依頼なども承っております。お気軽にお問い合わせください。


お名前
メールアドレス
件名
本文

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。